読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

親ばかブログ

子供の成長記録と雑記

バレエ発表会

バレエの発表会

 

毎年4月にバレエの発表会が開かれます。

なんと、上の子は幼稚園の時から一応通っています。

全く、もう少し体を動かすことばかりでなく勉強も・・・。

って思っています。

親としてのある意味失敗です。

習い事は・・・。

バレエ・ダンス・ピアノって勉強が1つもない!

そして冬にはスキーってどんだけ体を動かせば済むのでしょうか?

って選んでOKしているのは親ですが・・・。

 

このバレエもそうですが、なかなか自主練をしません。

よって体はバレエをしている割には硬めです。

ちなみに親の2人はめっちゃくちゃ硬いです。

自分は直角で足が延ばせません。

座っていると足を延ばすことができません。

背もたれのある椅子でないと無理です。

嫁はまだ自分より少しだけいいという状態で、女性という角度から見ると硬いほうです。

ということは遺伝子もたぶん?もつわが子はそれなりの自主練をしないと硬くなる素質十分です。

子供曰く習い事の中では、バレエは1番やめたくない習い事のようです。

「だったら自主練しろ!」って言いたくなります。

結構年間でも費用が掛かっているんですよね・・・。

恐らく年間10万ぐらいは・・・。

 

で発表会ですが思い返せば幼稚園の頃は、はっきり言ってお遊戯会でしたが、小学生の6年生ともなれば・・・。

うーん・・・。

見てるとまだまだです。

素人目で見ていても・・・。

あれ?この子のほうが小さいけどいい感じだな・・・。

って生徒さんもいます。

昨年までは下の子がまだバレエを習っていなかったので、一緒に見ていて大変でしたが、今年は1人でゆっくりと鑑賞できたせいもあっていいところ、悪いところがよく見れました。

わが子よ!バレエがうまくなりたければ自主練や柔軟をしないとまずいぞって心の中で思いました。

体形は、親に似てなくスリムなためにバレエにはあっていると思いますが、あとは本人次第でしょうかね?したい・やりたいだけではうまくはなれません。

周りと同じ練習量ではうまくなりません。

いつになったら気づくのかな?

いつ本気になるのか自分の人生です。親として見守っていますね。