親ばかブログ

子供の成長記録と雑記

贈り物

我が家には自分の実家より数か月に1度の程度で贈り物が来ます。

食品やら衣類、その他いろいろです。

大変助かっています。

正直これらの贈り物がなければ生活はかなり厳しいでしょう。

贈り物にはお米もあります。

両親に感謝です。

お米は少なくなると送ってもらっています。

子供たちも食べ盛りに近づいているので消耗スピードも結構なものです。

30キロで3か月ぐらいですかね。

一時は自分が弁当を持って行ったときはもっと減りが早かったです。

あまりの速さに弁当はやめました。

両親に迷惑をかけてしまうので・・・。

今回の贈り物には、子供たちが喜ぶものが入っていました。

「うんこドリル」です!

f:id:gogohinata:20170610004534j:plain

 

最近はやっているのは知っていましたが見たことはありませんでした。

中身を見ると・・・。

「うんこ」だらけです。

f:id:gogohinata:20170610004551j:plain

ちょっと見づらいかな?

この種で思い出すのは・・・。

自分は「ドクタースランプアラレちゃん」ですね。

「うんこ」はいつの世代でも人気なのですかね。

これで子供たちが少しでも勉強してくれるといいのですが・・・。

楽しく勉強をすることは個人的にはとても大切なことだと思います。

自分も小さいときには習い事をいくつかしていました。

エレクトーン・そろばん・公文・習字・塾

この中で一番苦痛が「エレクトーン」でした。

小学校から中学2年ぐらいまで確か習っていた気がしますが、好きで行っていたのは、小学生5年ぐらいまでですね。それ以降はいやいやでしたが、親の勧めでなんとなく習っていました。今は何の役にもたっていませんし、全く引けません。多少音符が読めるぐらいです。一番好きで続けていたのは「公文」です。自分が通っていたころは、ノルマか何かを達成すると消しゴムがもらえました。それを集めることが非常に楽しみであったのを覚えています。一番進んだ時には小学生時に中学終わり位の数学(算数)の計算ができるようになっていました。そのおかげで計算は得意分野になりました。ただし文章問題は苦手です。

と色々思い出してしまいました。

どちらにせよどんなことでも楽しくできないと長続きはしません。

やらされている、させられているという気持ちではだめですね。

仕事も一緒です。

広告を非表示にする